旅立ちの日。

黒磯に住んでいた友達が、引っ越すことになった。
友達がたくさんいる、男気のある(笑)気持ちのいい子で、私も彼女が大好きだった。
たくさんの時間を一緒に過ごしたわけじゃないけど、一緒にお酒をのんで話をして、よくDOORzにも泊まりに来てくれた。
引越しの前日の土曜日。久しぶりに会えて嬉しかった。
忙しいのにDOORzに泊まっていってくれた。
 
翌日の日曜日は時間があったので、私も引越しのお手伝いにいった。
春めいた日だったからピクニック気分で、バケットサンドを作ってお昼ご飯にした。
それから部屋の掃除。
彼女がこの部屋が気に入っていたのを知っていたし、一度だけ遊びに来たこともあった。
出窓の掃除をしているときに彼女が言った。
「昼に仕事が終わって帰って来て、ねっころがってここから空を見るのが好きだったんだ」
image
 
自分も愛知県で一人暮らしをしていたとき、自分の部屋が好きだったのを思い出した。
仕事で2ヶ月くらい部屋をあけることもあって、そんな時は家ごと移動したかった。
一人暮らしがさみしいなと思うこともあったけど、当直明けでゆっくりお風呂に入って、昼間っからビール飲んで、DVDを見ながら昼寝する。
そんな生活を懐かしく思った。
 
私の引越しの日も、友達が手伝いに来てくれた。
旅立ちの日は、誰かにいてほしいと思った。
でも今日は、旅立つ人を送り出すのもいいと思った。
自分はここにいて、彼女の帰りを待つことができる。
迷いながら、きっと彼女は自分で答えを見つけるだろう。
 
かなちゃん、またね!
HAVE A GOOD TRIP!!

PageTop