はじまりのごあいさつ。

「ゲストハウスをつくりたいんです!」
そう言って、私がアースデイNASU2012に突如参加してから、一年ちょっと。
あの頃は、どうやったらゲストハウスをつくれるのか、どんなところで開業するべきなのか、右も左もわかりませんでした。
今も問題は山積み、前途多難な状況ではありますが、
アースデイNASUから広がった那須の仲間と、ありがたいご縁のおかげで、
この春、那須町芦野の里山に古いお家を借りることができました。

前置きが長くなりましたが、みなさんはじめまして。
那須ゲストハウスDOORz、オーナーのアサミです。
オーナーなんて名乗ってますが、まだこのDOORzは開業準備中。
本当のことをいうと、オーナー(仮)です。
 
私のことを少しお話しようと思いますが、何から話せばいいものか・・・
まずは出身ですね。
両親が移住したので、実家は那須にありますが、
小学校4つ、中学校2つを転々とする子ども時代を過ごし、
出身をきかれると、うーーーーん。どこだろう?といった感じです。
これから那須を地元にしていこうと決めています。
 
仕事は、現在はまちの調剤薬局で薬剤師をしています。
那須に帰ってくるまでは愛知県の病院で働いていたので、
朝から晩まで病院に缶詰めで、フラフラになりながら当直なんかもしておりました。
離島や僻地の医療に力を入れている病院でしたので、
東日本大震災のあったとき、私は奄美大島の病院に派遣 されていました。
家族と連絡がつかなくなって、もう十年も実家を離れて暮らしていたことに気付きました。
今戻らなかったらきっと後悔する気がして、
2011年の11月に、那須の実家へ帰ってきました。
 
それから約1年半。
たくさんの人に出逢い、背中を押され、助けられながら、
少しずつ、那須でのゲストハウス開業に向けて進んできました。
 
薬剤師なんてカタギな職業で、なんでゲストハウスをはじめるの?
芦野ってどこにあるの??
なんでDOORzって名前なの???
 
そんなお話も含め、那須ゲストハウスDOORzができるまでの記録を、少しずつ書いていこうと思います。
ちなみにDOORz にはもう一人、『なんでも屋のタッちゃん』という相方がいますので、彼の紹介も近いうちに・・・
 
未熟者のDOORzですが、みなさんどうかあたたかく見守ってください。
そして、無事に開業できた暁には、どうぞ遊びにいらしてくださいね!
IMG_1495
 

PageTop