大工さんとの打ち合わせ。

今日は仕事が終わってから、大工のスドウさんの事務所に伺って、リフォームの打ち合わせをしてきました。
6月の中頃、芦野のお家を見に来ていただき、見積もりをお願いしていた項目は、
①お風呂のリフォーム、②トイレ増設、③脱衣所とトイレの床にクッションフロアを貼ること、④居間とキッチンの床はり、⑤すでにあるトイレの壁の防音。
この中で、④の床はりは私たちにもできるだろうと言われていたのですが、もう少し自分たちでやれるところはないか、相談にのってほしいと事前にお願いしての打ち合わせでした。

『自分たちでやるところが増える=大工さんの仕事が減る』ことになるので、なんて言われるのかなぁとドキドキしていましたが、
「俺は働いた分だけもらえればいい。やってみてやっぱりだめだったーって時は、言ってくれれば助けてやる」とのこと。
スドウさん優しいなぁ・・・紹介してくださった芦野のマコトさんに感謝です。
いろいろと相談して、③のクッションフロアはりと、⑤の壁の防音、①は現在のお風呂の解体までを自分たちでやることにしました。
 
それから、④の居間とキッチンの床はり用の木材を見せてもらいました。
これが、どうもイメージしていたものとは違っていて、表面がやけにツルツル・・・
フローリング用にきちんとコーティングされていて、新築のお家に似合いそうなピカピカ具合でした。
私がイメージしていたような無垢の木材を床にはるのは、素人には難しいとのこと。
木が伸び縮みしたり、切り口がまっすぐにならなかったりで、隙間ができてしまうそうです。
その点、フローリング用に加工されている木材ならまっすぐなので、素人でもいけるだろうと。
 
うーーーーーーん。
今日は無垢の木材を使った場合の見積もりだけお願いして、後日連絡をもらうことにしました。

IMG_1979

 
そして、ここからはオマケの話。
私、ほんとにこの大工さんが大好きなんですよね〜
それは、仕事はもちろん遊びもとっても真剣だから。
 
スドウさんの事務所には見たことのない機械が置いてあって、私が「これ・・・なんですか?」と聞くと、
「アマチュア無線。ちょっとやってみっか?」と、実際に交信して見せてくれました。
無線の業界用語(?)を聞くのも初めてだった私には、一体何が行われているのかわからず、かなりのカルチャーショック!
「中2の頃からやってるが、おもしろくてやめらんねぇ」と笑う顔は、きっと中学時代と変わっていないんだろうなぁ。
世界中から届く交信証明書を見せて、「これはイタリアから。これはニュージーランドだな。」などと教えてくれました。
庭にたってる巨大なアンテナも自分で組み立てたそうで、大工仕事よりおもしろかったとか。
インターネットなんてない時代から、このアンテナで世界と繋がっていたなんて・・・
おそるべし、アマチュア無線の世界!
 
 

PageTop