床はり、見せてくださーい!

今日は芦野を飛び出して、アースデイNASUでもお世話になっている非電化工房へ。
非電化工房のお弟子さんたちは、非電化カフェの床はり真っ最中。
大工さんに無垢板の床はりは難しいと言われた私たちは、これはチャンス!と一度見せてもらうことにしました。
 
現在の非電化カフェの外観。屋根はまだこれからです。
image

中に入ると、弟子のトモちゃんとイッチー、メグちゃんが作業中。
既に半分くらい張り終わってました。
 
トモちゃんが、使っている材木(2×6材:縦38mm×横140mm、木の種類はSPF)について教えてくれました。
表面は草焼き器でこんがり焼いたそうで、深みのある茶色がいい感じ!
大工さんの言っていたように、やっぱり木は曲がっているところがあって、まっすぐ並べても隙間があいてしまうので、修正しながらやっていく必要があると。
image
 
ふむふむ・・・
 
そして、床板を固定するには、まず10センチ以上あるながーい釘で、根太と床板を斜めにグリグリ固定します。
image
メグちゃん、真剣!
 
ある程度固定できたら、上からフロア釘という7センチの釘で打ち付ける。
image
イッチーも、なかなか真剣(笑)
 
みんなの作業をみていて、よくわかった。
『どこまでの仕上がりで合格か』
大工さんと私みたいな素人では、感覚に大きな差があるようです。
隙間なく、ぴっちりできなくても、非電化カフェの床はとてもすてきだし、みんなでやった!っていう達成感や記憶が残るのがいい。
 
DOORz も、すごーくきれいなおしゃれな空間より、ちょっとくらい不細工でも、みんなで作った思い出のある空間にしていきたいな。
 
 
最後にもう一枚。床板と同じ板で作った棚。
image
傷をつけてエイジング加工してるんだって。やるなぁ!
この技、いただきます(笑)
 
忙しい中、見学させてくださった非電化工房のみなさん、ありがとうございましたー!
非電化カフェの完成も、楽しみにしてます☆

PageTop