DOORzお風呂問題、その後。

おととい、大工のスドウさんに、ゲストハウスのおふろを見にきてもらいました。
私たちの間で、かな〜り紛糾していたお風呂問題・・・

スドウさんが頑張ってくださったおかげで、やっとこ手の届きそうなお値段で、
ユニットバスを入れることができそうです。
薪風呂は初期投資のコストと耐久年数、DIYでやる左官工事の難しさから、泣く泣く断念しました。
薪風呂推しだった方、ゴメンナサイ。。。
 
ユニットバスを入れるためには、今あるお風呂をきれいさっぱり、片付けなければなりません。
解体作業は自分たちでやると決め、どのように壊していったらいいのか、スドウさんに教えてもらいました。
 
ちなみに、いまのお風呂はこんな感じ。

image

入口側から撮った写真です。
奥の窓際の壁は、固い芦野石でできているので、壊すのは難しいだろうと言われました。
その分、入口のサッシを外して、塗装部分を削っておくようにとのこと。
後は床は全部壊して、隣の土間部分と同じ高さまで下げておくようにと。
つまり40〜50センチ分、床を壊す事になります。
 
もちろん、浴槽や蛇口も、取り外さないといけません。

image

果たして、無事に取り外せるのでしょうか・・・
今さらですが、おうちのリフォームって、力仕事の連続ですww
 
 
リビングとキッチンの床の張り替えについても、大工さんに相談しました。
難しいと言われても、どーーーーーしても、無垢板をはりたい!と伝えて、
床板の材料を探してもらいました。
ヒノキなら、1坪16000円〜17000円。
ヒノキより柔らかいサワラなら、1坪6500円程度。でも簡単に傷がつくよと。
ホームセンターで売っているウッドデッキ用の床板などはどうか?と聞いてみましたが、
室内用ではないので切断面が荒く、怪我をすることがあると言われてしまいました。
うーーーーん。要検討です。
 
そうそう。私のギモンが一つ、解決しました!
みなさん、この木の板にあるぐるぐるした模様、節(ふし)って、どうしてできるのか知ってますか?

image

スドウさん曰く、
「節のない木は育たない。枝がなくっちゃ、大きくなれないだろう?」
つまり、このぐるぐるの先には枝があったってことなのです。
太くて大きな木では、枝が木の上の方についているので、
根元の部分を切り出すと、節が少ない高級な板ができるというわけです。
 
なるほどなるほどーーー!!
言われてみれば、当たり前のことだけど、
こんなふうに、今まで知らなかったことを知っていくのは、楽しい!
 
 
帰りがけ、近所のばあちゃんが畑仕事をしていたので、あいさつしたら、
どっさり、おみやげをもらってしまいました〜。

image

芦野にいると、いつももらってばっかりで申し訳ないです・・・
ばあちゃん、ありがとう☆
 
 
本日、わたくし、期日前投票を済ませました。
明日は心おきなく、お風呂の解体にとりかかれそうです。

PageTop