お風呂解体終了!悩みは尽きない・・・

image

今日は、野崎の金平県北木材センターに、スギの床板を見に行ってきました〜

 
床板の材料は、大工さんからサワラなら用意できると言われていましたが、
やっぱりサワラよりは堅いスギのほうがいいのではないかと・・・
近隣の材木屋さんをいろいろ探し、ここにたどり着きました。
相談させていただいた結果、1坪5250円と、サワラよりも安く購入できそうです。
やったーーーー!!
 
帰り道、大工のスドウさんのところに寄って、お風呂の解体状況を伝え、
次の日曜日に見に来ていただく事になりました。
そしてこんなお土産をいただきました。

image

ホテイアオイ。

スドウさんはいろんな種類のメダカを育てていて、今は産卵の時期。
2〜3ミリのかわいいメダカの赤ちゃんが、発泡スチロールの水槽を泳ぎ回っていました。
このホテイアオイにも卵が産みつけてあったので、運がよければふ化するよ、とのこと。
それは楽しみ!
 
それから、芦野に戻り、お風呂の解体作業の続きに取りかかりました。
浴槽は、タッちゃんが壁からひっぱがしてくれていたので、
残っていた大きな石や、コンクリート、レンガなんかを運び出して、
お風呂を焚いていた窯も解体しました。
以前、浴槽があったところはこんな感じ。

image

 
床の方もだいぶ平らになったので、これでいったん、お風呂解体は終了です。

image

この真ん中のパイプが、お風呂の床の排水溝だったなんて・・・

いやいや、お疲れさまでしたーーー!

 
 

お風呂は一段落ですが、今度は壁です。

じゅらくをはがした壁に、漆喰を塗ろうと思っているのですが、

さて、どんな漆喰を使えばいいのか?

 

一言で「漆喰」といっても、いろいろあるようです。

ストローベイルのおうちを建てている、お友達のコヤマさんに勧められたのは、コレ。

image

粉状で、自分で水を入れて練るタイプです。プロの店、ダイソウで売ってました。

 

ホームセンターでも、粉状の漆喰を見つけました。

image

いかにも、DIYしましょ!って感じのイラスト、かわいいけど・・・

上のプロの漆喰と、どうちがうのかなぁ。

 

自分で水を加えて練るのは、加減がむずかしそう。

それに、ほんとに水だけで、ひび割れとかしない壁になるのかなぁ?

私と同じような考えの方も多いのか、こんな便利なものも売ってます。

その名も、うま〜くヌレ〜ル。

名前は、ちょっと恥ずかしいww

image

実際にこれで塗っている動画なんかをみると、手軽で簡単そうに見えました。

しかし、便利なだけに、お値段はなかなかのもの。

18キロで、13500円也!

 
 

漆喰、要検討です。

お風呂が一段落しても、まだまだ。

DOORzの悩みは尽きないのでした・・・

PageTop