初!漆喰、塗ってみました。

先日練って、寝かせておいた漆喰を、ついに塗ってみることに。
 
練習用の6畳間の壁。
まずはシーラーからです。
天野商事さんで教えてもらった通り、シーラーを2〜3倍に薄めて、ローラーで塗りました。

image

このローラー、100円ショップで買ったのですが、なかなか使えます(笑)

石膏の壁にシーラーがグングン吸い込まれるので、2回ほど塗っておきました。

 

シーラーが乾いたら、一回目の漆喰を塗ります。

1回目は下地が隠れる程度に薄く塗るようにと、教えていただきました。

しかし・・・

初心者には、コテ板から漆喰をすくいとることすら、容易ではありません!

やっとコテにのせた漆喰が、壁に到達する前にボタっ!と落ちることもしばしば。

それでも何度か繰り返しているうちに、コツ?らしきものはわかってきました。

 

その1。漆喰は多めにすくう!

その2。コテにのせたら、すばやく壁に押し付ける!

その3。押し付けた漆喰は、すばやく広げる!

 

悪戦苦闘しながら、一枚目を塗り終えました。

image

この一番下のところも、コテの使い方が難しかったです・・・

 

2〜3時間乾燥させて、2回目。仕上げ塗り。

さっきよりも厚めに塗っていきます。

天野商事さんからは、夏場は乾燥が早いので、塗った面を何度もなぞらないこと。

1、2回で決めるように!と言われました。

キンチョーーーするっ!

 

コテでひいた面が気に入らず、何度もやり直したりしながら、

それでも一度目よりは、塗り方がわかってきたような・・・

今回も豪快に、ボタッとこぼしながも、仕上げ塗り終了!

image

塗り終わったばっかりの壁は、麻スサが多いせいか、ベージュっぽい色をしています。

 

2日後。すっかり乾いた漆喰。

写真ではわかりにくのですが、塗り立てのときよりも、白くなりました。

image

明らかに素人風情ですが、初めてにしてはまぁまぁかなぁ。

 

コテの後が残っていたり、角のところはキレイにできなくて、少し気になるけれど、

次はもう少し、うまくやれるはず。

 
 

きっとこの壁は、写真と一緒なんだと思います。

いつか、この壁を塗ったときの失敗を笑ったり、

作業を手伝ってくれた人のことを、懐かしく思い出す時が来る。

だから、上手に塗ることだけが大事じゃなくて、

苦労しても、遠回りのようでも、

写真のように残る記憶を、この家にたくさん作っていきたい。

 

今は、そんな気持ちです。

PageTop