床はりチャレンジャー。

大工さんに、「むずかしいぞー!」と言われていた作業、床板はり。
フローリング用に加工された床板ではなく、
無垢板と呼ばれるホンモノの杉板を使っての床はりは、
板のゆがみやねじれがある分、素人には厳しいとのこと。
 
でもそれを知った上でやるのが、DOORz・・・

 
床板は、隣同士の板が隙間なく付くように、「さね」と呼ばれる突起と凹みがあります。
端から順番にさねを組み合わせてはっていくしかないので、どうはっていくのかを
始めにきちんと計算することが超重要だそうです。
キッチンと居間の床板が、敷居を挟んでまっすぐ繋がるように、
大工さんに教わりながら、タッちゃんが少しずつはってくれていました。
 
まずは長さを測って、床板を切ります。

image

 
ピッチリと隙間なくはれるよう、ミリ単位で切っていきます。
切っては、置いて、入らなければまた切る・・・その繰り返しです。
直線に見える柱や、部屋の端も実は微妙に曲がっていたりするので、
一筋縄ではいきません。
 
これは。。。
気が短い私にはできない作業かも・・・
 
とりあえず私は釘打ちに徹することにしました。
使う道具は、左からフロア釘、金槌、ポンチ。

image

 

ポンチは、最後に釘を打ち込むときに、床板を傷つけないための道具。

ポンチを釘の頭にあてて、金槌でポンチを叩くのです。

釘抜きがついたポンチは大工さんが使っていますが、素人には扱いが難しいので、

私は右端のシンプルなポンチを使います。

 

image

釘は根太に対して、斜め40度くらいで打っていきます。

床板を打たないように、自分の手も打たないように・・・(笑)

神経を使う作業なので、うまくいったときは心の中でニヤリ。

 

基本的に大変なのは板を切る作業。これにすべてがかかっています。

タッちゃんのおかげで、計算通りキッチンと居間の板はピッタリ繋がりましたよ〜。

image

 

見た目もすっきり、美しい!

人一倍、仕事が丁寧な相方に感謝です。

PageTop