受け継がれるモノたち。

DOORzには、もらいものが多い。
呼びかけたらこんなに集まるんだなぁと、自分でもびっくりしています。
家具、食器、調理器具、照明、布団、自転車、木材、ペンキ、工具・・・
ありとあらゆるものを、DOORzを応援してくださる方に譲っていただきました。
今日はそんな、DOORzにやってきたモノたちの話。

 
先日、タッちゃんの同級生のお母さんから、亡くなったご主人の工場を片付けるので、
必要なものがあったら持っていっていいよ、とお話をいただきました。
 
レンズを造っていた工場を一通り見せていただき、石油ストーブ、本棚、鏡、
サイドボード、キャスター付きの作業台、手作りの小さな木のトレイなどを
譲っていただくことになりました。
 
「そのトレイは、お父さんが作ったのよ。すごく器用な人だったから・・・」
「この作業台は、この工場を始めるときにお願いして作ってもらったの」
「ここで一緒にレンズを作っていたのよ。ほら、いろんなサイズがあるでしょう?」
お母さんは、この工場のモノにまつわる思い出を、ひとつひとつ話して聞かせてくれました。
楽しそうにレンズを作る、二人の姿が浮かびます。

image

 
今回、工場からDOORzにやってきたモノたちは、主を失って行き場を失くし、
いずれ処分される運命のモノたちばかり。
まずは、布できれいに磨きました。
工場で使われていたものを、ゲストハウスでどう使うか、
どんなふうにアレンジするか。
色を塗ってみる?何を入れる?どこに飾る?
そんなことを考えるのは楽しい作業。
DOORzでの第2の人生も悪くないね。
工場から来たモノたちが、そんなふうに思ってくれたらうれしいなぁ。
 
DOORzにやってくるモノたちは、その人にとっては必要のなくなったもの。
だけど、DOORzで役に立つなら使ってほしい、という送り手の気持ちが伝わるものばかりです。
譲ってくれた人のことを知っているから、手に取る度に温かい気持ちになります。
 
 
いただいた工場の作業台。
大切に使わせていただきます。
これまでの思い出と、これからのDOORzでの記憶を乗せて。

image

PageTop