はじめての干し柿作り。

この時期、農家さんの軒先には、「干し柿と大根」というのが定番のようです。
DOORzのある、芦野の峯岸集落のご近所さんちにも、ズラリ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなにいっぱい作るのは、とても大変な作業・・・圧巻の眺めでした。

古民家には干し柿が似合うから、作ってみたら?と、ご近所さんに渋柿をいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初心者の私に、農業勉強中のハルちゃんが作り方を伝授してくれることに!

まずは、へたの外側のピラピラした部分を丸くちぎって、へたの周りから皮を2周むきます。

そのあとはピーラーで全部キレイにむきます。

IMG_4367IMG_4361

同じように見える柿も、ひとつひとつみんな色が違います。

DOORzのロゴにも使っている柿色。温かみのある、自然の色がきれいです。

むいた柿は11個一組にして、枝の部分を紐にひっかけて、等間隔で吊るしていきます。

それから、大鍋にたっぷりお湯を沸かして、30秒茹でます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうすることで、色がきれいに仕上がるそうです。

軒先につるすと、こんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを4つ吊るして、大根も3本隣に干しました。

残念なことに、写真を撮り忘れ・・・今日はもう暗いので、また後日お見せします!

 

農家さんは、季節の移り変わりに合わせて、スケジュールを組んでいて、

狙った時期に定植できるように種を蒔いたり、

霜が降りるのを見越して収穫したり、

作物が少なくなる冬には、加工品や乾物を作ったりと、

本当に働き者だなぁと思います。

 

那須の友人で、有機農業をされているヤマグチさんにそう言ったら、

「毎年のことだから、自然にカレンダーが身体に染み付いてくるんだよ」

とのこと。長年続けているからこその言葉です。

私がそんなふうに思えるのは、きっとまだまだ先のことだと思うけれど、

少しずつ積み重ねていけたらいいなぁ。

自然のサインを見逃さないように。

PageTop