アシノビト研修旅行 in 東北 その①

12/8-9の1泊2日で、DOORzはアシノビトのメンバーと共に東北へ行って参りました。
今回のメンバーは、芦野の消防団として被災地でのボランティア活動をしてきたシンちゃんとBB、
遊行茶屋のカスミちゃんと、ミナちゃん、そしてホシダさん、コダマさん、タッちゃん、私の計8人。

 
夕方近く、南三陸町のお店が集まる『南三陸さんさん商店街』に到着しました。
まずは、シンちゃんがお世話になった方がいらっしゃる、南三陸町観光協会へ。
写真 2013-12-08 15 16 32
 
観光協会のある建物は、この南三陸ポータルセンターです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
シンちゃんがボランティア活動後の交流会で出逢ったイトウさん(左)。
のっけからカメラ目線、アリガトウございます(笑)
写真 2013-12-08 15 21 05
 
なんとも気さくなイトウさんが、アシノビトに南三陸の見所や、海の幸いっぱいの「キラキラ丼」のお店を紹介してくれました。
「キラキラ丼」は季節ごとに具材が変わるのですが、冬はなんとイクラ丼!
メンバー全員、これは食べるしかないっ!と目を輝かせ、今にもヨダレが・・・。
 
南三陸の現状もお話ししてくださり、南三陸の「人」をテーマにしたフリーペーパーがあることも教えていただきました。
その名も『南三陸』。震災後から現在第6号まで出ており、英語表記があるので海外での需要もあるそうです。
image
DOORzでも第3号〜6号まで、自由に読むことができますよ〜♪
 
それから、夜の宴に備えて(?)さんさん商店街で南三陸のお酒を調達。
帰り際にすれ違った商店街の方の「ありがとうございました」が、
本当に心からの「ありがとう」だったので、
うれしいような、せつないような気持ちになってしまいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
さんさん商店街を後にし、南三陸温泉のある『ホテル観洋』へ。
こちらでは、イトウさんに紹介していただいたスタッフのワタナベさんが、アシノビトを迎えてくださいました。
写真 2013-12-08 17 05 28
ワタナベさんからは、震災後のホテルの取組みや、現在の仮設住宅での暮らし、
これからの南三陸町のまちづくりなど、幅広くお話を伺うことができました。
 
ホテル観洋では、震災後のホテルスタッフや地元住民、ボランティアの方との関わり、
いつ、なにが復旧したのかなどを、『3.11からの記憶』という冊子にまとめています。
さらに、『南三陸てん店まっぷ』という、南三陸町で転々と営業してるお店をスタンプラリーで巡る企画で、
まちと観光客をつなぐお手伝いをしているそうです。
もちろん、スタンプを集めると素敵なプレゼントもありますよ!
image
そして、現在もスタッフブログやTwitterで、被災地の生の情報を発信しています。
私もブログを読ませていただきましたが、スタッフの仲の良さや、一生懸命に、
楽しく仕事をしている様子が伝わってきて、読んだ私が元気をもらってしまいました(笑)
一緒に苦難を乗り越えたスタッフの結束力が、このホテルの魅力につながっているのかもしれません。
 
 
温泉でゆっくり温まった後は、お待ちかねの宿『津の宮荘』で、海の幸てんこもりの夕ご飯。
 
ドン!

image

 

ドドン!

image

お刺身はピチピチ、牡蠣はプリプリ、鮑がコリコリ・・・海鮮好きにはたまりません!
 
さらに。お刺身には日本酒でしょ。
ということで、さんさん商店街で買った「南三陸」という名のお酒もいただきました。
 
みなさん、おいしーですかー?
写真 2013-12-08 19 09 27
この顔を見れば・・・わかりますね(笑)
 
おなかいっぱいで、一日目終了です。
 
アシノビト研修旅行 in 東北 その②へつづく。

PageTop