かみさまの日。

今日は芦野から車で10分ほどの時庭地区で獅子舞が見られると聞き、おじゃましてきました。
この獅子舞は、『時庭の神楽』として那須町の無形民俗文化財に指定されています。
一軒一軒のお家をまわり、火伏せ御祈祷、五穀豊穣、無病息災を願うこの神楽は、180年の伝統があるそうです。

二人で舞う獅子舞は、大きく見えて迫力があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
近くでみると、ちょっと怖い・・・ブレブレですみません(笑)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
栃木テレビやRADIO BERRYの取材も来ていましたよ。
那須にもこんな伝統芸能が残っていたとは・・・見られてよかった。
教えてくれたナホさんに感謝です。
 
獅子舞を堪能して、天気がよかったのでそのまま那須山方面へドライブしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真ではわかりませんが、山のてっぺんから噴煙が立ち上っているのが見えました。
「那須山の噴火口まで!」と運転手のタッちゃんにお願いし、湯本の方まで登ってみることに。
こんな日は助手席に限りますね〜。
 
山の冬景色も、晴れているとこんなに穏やか。
少しずつ、春が近づいているんだなぁ。
白と青のコントラストが美しいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登れるのはここまで。ロープーウェーは冬期閉鎖中でした。
噴煙もくもく。雪は粉砂糖みたいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私はあまり信心深い方ではないのですが、こんな景色を見ていると「山のかみさまはいるな」と感じます。
とてつもなく大きな存在がこっちを見てる気がして、解放されるような、身の引き締まるような気分。
今日はお日様が出ているせいか、厳しさの中の優しさを垣間みたような気がしました。
 
この地に暮らす人々が受け継いでいく神様と、那須の自然の中に存在する神様。
二つのかみさまに出会った、あたたかな日。

PageTop