いざ、梅干しに挑む。

今年の密かなひとつの目標、梅干し作り。
買ってきた梅が黄色く熟し、さあ今が漬け時です。
image
 
完熟の梅は、フルーティーな桃のような香りがします。
本来の梅干しは、熟して地面に落ちた梅を使うのだとか。
梅シロップを作ったときは青くて固い梅を使ったのに、梅干しは熟した梅を使う。
この使い分けもおもしろいなぁと思ったりして。
無駄なく自然の恵みを使う、日本人の知恵なんでしょうか・・・?
 
ヘタをとってきれいに洗ったら、消毒のための焼酎をかけ、塩をまぶします。
image
一つ一つ丁寧に塩をつけ、樽の底にならべていきます。
image
今回は2キロの梅を漬けました。塩は梅の15%の重さでやってみました。
昔は30%の塩、なんて梅干しもあったようですが、このくらいでも黴びずにうまく漬けられるようです。
全部の梅と塩を入れて、こんな感じ。
image
梅の重さの倍量の重しをのせて、封をします。
image
 
3〜4日おいて、梅から水分が出てきたら重しを半分にするようです。
うまくいったらDOORzの朝ご飯に、自家製梅干しが登場しますよ〜(o´∀`o)ノ
お楽しみに!!
 

PageTop