草と農業。

これは雑草・・・・ではなく。
雑草の中に、エダマメサークルが隠れています。
image
10分後・・・どうだっ!!
エダマメ、わかりました??
image
夏のDOORz農園は、草との闘いです。
この日は私も6時半から9時まで、抜いて抜いて、抜きまくりました。
 
DOORz農園のスイカは、草の中にかくれんぼしています。
宝探しみたいに探すのが楽しかったのですが、そう思っているのは私だけのようで。
 
ご近所さんには「草がいっぱいでスイカがかわいそう・・・」と言われてしまいました。笑
かくれんぼしている、草の中のスイカ。
image
結局、まわりの草はできる限り抜いたのですが、草取りをしているとだんだんわからなくなってくる。
 
どうして雑草は抜いて、野菜だけを残そうとするのか?
土の栄養が野菜にいかないとか、野菜に日が当たらないとか、なんとなく想像はつく。
でも、おんなじ植物なのに、雑草はほんとうにジャマものなのか?
 
人間の食べ物を作るために、自然の植物を追いやるのは本当に正しいのか・・・
だけど実際、土から野菜ができることは純粋にありがたいし、
そうやって生かされている自分たちの身体。
 
 
DOORz農園で勢力を拡大している、名前のわからない草がある。
伸ばした葉の先にも根をおろして、何カ所にも根を張る、しぶといヤツ。
隣のおばあちゃんに、その草の話をすると、
「そう。アレはそういう生き方をする草なんだ」
 
草の生き方。
そういう捉え方をしていることが驚きだった。
 
畑に草はないほうがいい。
だけど、そんな草の生き方と、もう少しうまく、人間の農業は付き合っていけないものか。
そんなことを考える昼下がり。
image

PageTop