ヲトメノ銘仙。

今日から5日の日曜日まで隠居の間で開催されている「さくらと着物とおいしい時間」。
色鮮やかな銘仙のコレクションが飾られています。
image
 
春をテーマにした柄なので、やっぱりサクラは外せない!ヲトメ心をくすぐられますよ〜!
image
 
銘仙とは、大正時代から昭和初期にかけて足利や伊勢崎、桐生で生産された普段着の着物。
新鋭デザイナーを起用した斬新なデザインが特徴の、当時とっても流行したお着物だそうです。
黒いアイビーをモチーフにしたこちら。ピンクのラインが効いてます。
image
 
帯も変わってるんですよ〜!なんと鹿とサクラ!笑 かっこよすぎる!
image
 
 
こちらは、艶やかな蝶と誘惑の紫。
image
 
春の花、チューリップを大胆に!image
下段の額に入っているのは原画だそうです。なんとなく、永谷園って言いたくなる・・・笑
 
関西地方で爆発的な人気を誇ったという銘仙。
大胆な柄の着物を、さらに大胆な柄の帯と合わせて着こなす。遊び心満載で、引き算なんてナシ!
この時代の日本は豊かで、とっても平和だったんだろうなぁ。
色鮮やかな銘仙を見ていると、その時代のヲトメたちの笑い声まで聞こえてきそうです。
だけど、戦争が始まってヲトメたちは武器をつくり、戦後は西洋の文化が入り込んで、銘仙は姿を消していく・・・
 
ここに日本のひとつの時代が詰まっている。
そんな空間を体験できました。
 
銘仙鑑賞のあとは、おいしいケーキで一息。
image
イチゴタルト、カリカリのはじっこが大好きです。
4/5のイベント当日は、特別メニューが出ますよ〜!おたのしみに!
 
隠居の間
https://www.facebook.com/inkyonoma?fref=ts
イベント:『さくらと着物とおいしい時間』
https://www.facebook.com/events/1548877122038935/
 

PageTop