OHYA UNDERGROUND!

栃木県民なのに、行ったことのなかった大谷資料館。
宇都宮の北にある、大谷石採掘場跡が資料館として一部公開されています。
DOORzのゲストさんから「すごいですよ〜!」と何度も聞いていただけに、いつか行きたい!と思っていたのでした。
連日の暑さに、どこか涼しいところへいこー!ということになり、ついに行ってきました。
30℃を越える外界に比べ、地下の採掘場はなんと10℃!わお、ひんやり〜!
なにか羽織るものを持っていかないとキビシいかも。
 
石柱の間に広い空間。冒険が始まる予感にワクワクします!
 
image
 
よく見る写真はこれかな?くらくてわかりにくいけど、入口の方を向いて下から撮った写真です。
image
 
天井まですっぽり筒状に掘ってある窓。中世ヨーロッパのお城の地下牢を思わせます。(行ったことないけどね)
image
きっとあそこから脱出できるけど、到底登れそうにない。途方に暮れていると、窓からするすると蔓が降りて来て・・・みたいな。
 
手彫りの時代が終わって、機械彫りになり、壁にはこんなふうにマス目の模様が残っています。
image
 
こっちもすごい数のマス目!
 
image
 
採掘工の方々の苦労も感じられますが、これのどこか押したら、秘密の隠し部屋に繋がっているんじゃないか?とか、宝のありかを知らせる鍵が隠されているんじゃないか?とか、そんなことばかり思ってしまいました・・・www
インディ・ジョーンズの映画とかにありそうですよね。インディ・ジョーンズ、今の若い人は知らないかもなぁ。
 
光と闇のコントラストが素敵でした。とにかく涼しいので夏はオススメです!まだ行ったことのない方はぜひ!
 
 
image
 
 
大谷資料館:http://www.oya909.co.jp/
〒321-0345  栃木県宇都宮市大谷町909
 
 

PageTop