弱点と武器。

今日からひとつ、 ブログに新しいテーマを追加しました。
モヤモヤしていること、ピカっとひらめいたこと、誰かに言いたいような、やっぱり知られたくないような・・・
文字通り、そんな私のタワゴトです。

 
先日の砂壁はがしイベントの翌日、アシノビトで一緒に活動しているナホさんが、DOORzにふらりと遊びにきてくれました。
ナホさんは中学校の英語の先生で、アースデイNASUやアシノビトの集まりでは、いつもみんなを笑わせてくれるムードメーカー。
人と人を自然とつないでいくので、彼女の周りでは、初めて会った人もすぐに友達になってしまいます。
歌も上手でライブで歌ったり、文章を書くのもうまいし、私はずっと、すごい人だなーって思ってました。
 
そんな無敵!にみえるナホさんが、DOORzにきて何気なくポロッと、
「私、アートのセンスってないんだよね。
絵とか描けないし、アート系の人たちと一緒にいても、会話がよくわからなかったり。
いつかそのセンス、降ってこないかな〜って思ってるんだけど。」
って言ったんです。
 
えーーーーっ!?
私はずっと、ナホさん自身がアート系の人だと思っていたので、まさに衝撃告白でした。
「でも、ナホさん歌上手だし、それってアートのセンスあるってことですよ」
と私が言うと、
「歌は、歌ってって言われるから歌ってるけど・・・すごーーーーーく言われないと歌わないよ」
とナホさん。
 
すごーーーーーく・・・(笑)
そっかぁ。。。
ナホさんにも弱点ってあったんだ。
 
 
完璧な人なんていない、とよく言う。
完璧じゃないからいい、ともよく言う。
それを感覚として、こんなにはっきり感じたのは初めてでした。
 
だって、ナホさんの弱点を知る前より、知った後のほうが。
もっと好きになったような。
年上のナホさんを、かわいいと思ってしまうような。
 
人に自分の弱いところを見せることは、心をひらくこと。
それができたとき、弱点は武器になるのかもしれない。

image 

 
あ、ナホさんに会ってみたくなった方、
ぜひ、DOORzに遊びにきてくださいね。
きっと私よりも、誰よりも、くつろいで迎えてくれるはずですww

PageTop