DOORzからのお知らせ。

那須ゲストハウスDOORzは、これから不定期で『みんなでつくろうDOORz大作戦!』を開催いたします。
 
第一回は、 『ポロポロ砂壁はがし&ピカピカ柱磨き』の巻。
続きを読む

床はり、見せてくださーい!

今日は芦野を飛び出して、アースデイNASUでもお世話になっている非電化工房へ。
非電化工房のお弟子さんたちは、非電化カフェの床はり真っ最中。
大工さんに無垢板の床はりは難しいと言われた私たちは、これはチャンス!と一度見せてもらうことにしました。
 
現在の非電化カフェの外観。屋根はまだこれからです。
image
続きを読む

DOORzの原点。

image

タイトル:藁を運ぶ女

 
こんな絵画、あったような・・・(笑)
このストローベイル、すてきでしょう?
おうちの裏にある小屋の整理をしていたら、ご近所さんがトラックに積んで持ってきてくださいました。
家の前の畑でたっちゃんがスイカとカボチャを育てているので、畑に敷いて使ってとのことでしたが、こんなきれいなブロックになっているのにもったいない!
続きを読む

大工さんとの打ち合わせ。

今日は仕事が終わってから、大工のスドウさんの事務所に伺って、リフォームの打ち合わせをしてきました。
6月の中頃、芦野のお家を見に来ていただき、見積もりをお願いしていた項目は、
①お風呂のリフォーム、②トイレ増設、③脱衣所とトイレの床にクッションフロアを貼ること、④居間とキッチンの床はり、⑤すでにあるトイレの壁の防音。
この中で、④の床はりは私たちにもできるだろうと言われていたのですが、もう少し自分たちでやれるところはないか、相談にのってほしいと事前にお願いしての打ち合わせでした。
続きを読む

お風呂&エネルギー問題勃発。

DOORzの物件は、だいたいのところはきれいなのですが、お風呂だけはやや難アリです。
 
 
うしろの家に住んでいる少年たちが、初めて遊びにきた日。
一通り、家の中を見てきた彼らが、初対面の私たちに言った言葉は、
 
「お風呂きたないっっっ!!!!」
 
ガーーーーーン。
わかってるって、そんなこと。(大家さん、ごめんなさいww)
続きを読む

きっかけは、アシノビト。

今回は、私がどうして芦野という場所にたどり着いたのか、そもそものはじまりを書いてみようと思います。
 
 
芦野という地名を聞いたのは、アースデイNASUでカスミちゃんとの出逢ったときが初めてでした。
なにしろ、那須に実家はあっても、帰ってきたばかりで知らないところだらけでしたので・・・
那須と聞くと高原をイメージする方が多いと思いますが、芦野はちょっと違うようです。
カスミちゃんはそこで『遊行茶屋』というお店の店主をしていたので、遊びにいってみることにしました。
続きを読む

物件をさがせ!

今回は、DOORzとなる物件にたどり着くまでのお話を書いてみようと思います。
 
2013年2月の記録より。
***************************************
芦野で宿をやりたいと思って、はや8ヶ月。
空き家はたくさんあるのに、なかなか大家さんにたどり着けず、時間は過ぎていきました。
続きを読む

はじまりのごあいさつ。

「ゲストハウスをつくりたいんです!」
そう言って、私がアースデイNASU2012に突如参加してから、一年ちょっと。
あの頃は、どうやったらゲストハウスをつくれるのか、どんなところで開業するべきなのか、右も左もわかりませんでした。
今も問題は山積み、前途多難な状況ではありますが、
アースデイNASUから広がった那須の仲間と、ありがたいご縁のおかげで、
この春、那須町芦野の里山に古いお家を借りることができました。
続きを読む

PageTop